Seagirt Garden

趣味と日常のなんやかんや

≫ EDIT

ブラッディクリスマス

9日の話ですけど『君死ニタマフ事ナカレ零_改』、赤黒エンド共に観て来ました。

心が死んだ。

判っていたけど…!ハッピーエンドなんか1ミリも期待してなかったけど……!

前半、中学生たちの日常がコミカルに描かれる分、演習の模擬弾が実弾に、模擬刀が真剣にすりかえられていると判ってからの怒涛の展開があまりに辛い。特にハジゾメの最期はあまりに酷くて目を逸らしたくなるレベルだし、最期の絶叫が耳に残る。
それでも必死に生き、生き抜いて死んでいく彼らから目を逸らすのはあまりに不敬だと、思ったんだ…

子供たちに向き合う大人サイドにもそれぞれの事情があって、蘇芳の善も悪もない、ただ自分の研究の成功のためだけにという突き抜けた精神はかなり好き。マッドサイエンティストのマッドサイエンティストたる所以。あと、煤竹の自分の信じるもののためなら犠牲も厭わない感じも好き。

黒エンドの海で始まり海で終わるハクジとサクラの物語も美しいんだけど、赤のふたりで一緒に逝ける方がもしかして幸せなのかな…と思いました。漫画本編に続くのは赤エンドの方なんだよね?
ウスキとボタン的にも赤エンドかな…ただな…知っているんだよね、どういう死に方するか…そこだけ知ってるんだよね…

ハクサク萌ゆい。

音楽はシノアリ成分もう少し少なめでも良かったかな…シノアリの音楽は大好きなんだけど、ニーアやDODの方が合った気がする。ヨルハと重なっちゃうから避けたのかもしれないけど。

9日は千秋楽で後ナレ流れてからも拍手が止まなくてトリプルカーテンコール。その様子の動画が後日運営から上げられていて、あの拍手の舞台裏であんな感じの役者さんたちのやりとりがあったのかと思うと泣けました。

舞台はいいっすね。
沼だ沼だと聞いていたけど、本当に沼だな…気をつけて歩く…(笑)
ヨルハで始まり君死ニで終わる。というか、そのまえにオートマタを始めてからの運命か。じゃあ仕方ないか。
来年も舞台ヨルハの予定があるので頑張ってチケットご用意されたいです。今回千秋楽で、それはそれで成熟しきったタイミングで観れるのは楽しいんだけど、初日近くも観てみたかったので何とか2日…取りたい。

| 雑記 | 13:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

LLL

シェイクスピアの『恋の骨折り損』を観て来ました。
由依ちゃんが!フランス王女役で出演していたから…!!

ユイ姫可愛かった。可憐で無邪気でしたたかで可愛かった。姫が侍女たちとキャッキャウフフしているシチュエーション大好き。
そして透明感溢れる歌声に浄化される~~~~~!

恋に振り回される男性陣と、一枚上手の女性陣。
衣装は現代風(50~60年代風?)だけど設定は中世ヨーロッパ。装飾過多(笑)の台詞回しがいかにも中世ヨーロッパ。
なんと言うか、あの面倒くささ…(笑)

Wキャストの國立さんは写真を見る限りでは妖艶で大人っぽくて第一王女の雰囲気だけど、由依ちゃんは末姫っぽいなと思いました。末の王女が国王の名代で来るかな、とも思うけど。
ラスト、王位継承の話になるかと思ったらならなかったけど、そう言えばフランスはサリカ法遵守でしたね。王子がいるのかいないのか、そこまで考える必要はないのか…(笑)いずれにせよエリザベス1世の時代を生きたシェイクスピアにはサリカ法は理解不能だったのかもしれない。いや、知らないけど。

それはともかく面白かったし楽しかったです。DVD出たら買っちゃおうかな…
前から2列目だったのだけど後方から舞台全体を見渡したかったな、とも思ったのでした。隅の方でわちゃわちゃしている登場人物たちが面白い。
もちろん前方だった利点もあって、由依ちゃんが可愛かったことと由依ちゃんが可愛かったことと、男性キャストが最前列の男性に向かってラブレターを読み上げるシーンとか笑いを堪えるのが大変だったことと、由依ちゃんが可愛かったことと沢山ありますけど。

帰りに新宿でわちに寄って来年のカレンダーと手帳を買ってきました。
次は来月、同じ劇場で君死ニだわー!

| 雑記 | 16:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オフ関係

何かと不穏なとらのあなから在庫を下げました。
というか、下げるよう手続き中です。
既に委託期間は過ぎているはずなのにノーリアクションだし、売り上げはあるのにサークルポータルの在庫数は動かないし、委託したままだとBOOTHで扱えないし不便極まりない。まあ、ここまで放ってしまった私も大概だけど。

今後、本作ることはあっても書店委託はしないかなー。

| 雑記 | 12:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニアコン

セトリとサブタイメモ

≫ Read More

| 雑記 | 00:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パシフィコ横浜

『これは命なきモノ達の、魂の物語』

もう2週間も前だけど、ニーアオーケストラコンサート行ってきました。
2週間…2週間も前なの…

いやいや最高。最高ー!!!
ニーアの音楽は本当に美しくてどれも大好きなのだけど、オケになると壮大さが増して最高オブ最高ですわ。
エミさんとジュニークさんのサプライズ登場も嬉しかったです…おぉん…

ナビゲーターとしてエミールと2B(の声優さん)が登壇したんだけどね、エミールの叫びからの『カイネ』はズルイです。号泣必至です。
このエミールはゲーム本編に登場したエミールとは別のエミールなのかな(ややこしい)。それらしいニュアンスのセリフがあったと思うのだけど。ゲーム本編のエミールはYエンドを迎えると死んでしまうからね…
ニーアやカイネを想い涙に暮れるエミールとは対照的に、2Bちゃんはぽつぽつと語る心情が切ない辛いと思っていたら、最後の最後に9Sへの公開ラブレターだった事が発覚して会場の9S2B勢号泣。そして客席には9S(の声優さん)がいたという…

前半レプリカント、後半オートマタの構成。
オケのバックにスクリーンがあって、タイトル、サブタイトル、曲によってはストーリーやキャラの想いが浮かんでは消える。
アダムとイヴも良かった…アダムはイヴを見ていないようでちゃんと見ていた。迎えに来てくれた。

そしてしれっと流れる2Bのロールアウト日。
最初にポンと日付だけが出たので何だろうと思っているうちに2Bがロールアウトしたと切り替わる。
ままままま、待って―――――!!!!!見逃した!!!見逃したというか、記憶に残ってない!!!!!
夜の部参加の方のレポートで1月7日と判ったけれど、そうならそうと先に言って(笑)。すっごい重要な情報だからそれ。ってか、ついったで2Bの誕生日が知りたい知りたいってみんなが言っていたの、ヨコオさんに伝わったとしか…
ヨルハ計画に反逆して9S2Bを再起動させたポッドたちの物語がヤバかった。語彙力もヤバイ。

雑誌のウェブ記事でもあったけど、公演の日付が『12018.09.17』になっているのはフェアウェルの73年後だって。そこからエミールと2Bが73年前を振り返っているんだろうって。
『Weight of the world』を英語で歌うジュニークさんに合わせてスクリーンに現れる歌詞は日本語。この歌、日本語だと9S視点の歌だと思うけど、英語は女性視点なんだよね。つまり2Bちゃん。
歌う2Bに9Sが応えているのだと思うと、もうね。オタクは倒れるしかないね。9S2B尊い。

フルオケのコンサートは久しぶりだったけど、やっぱりいいなー!
席が前から6列目でめっちゃ近かった…由依ちゃん近かった…

物販はえげつなかったけどね…(笑)
アレはレジの台数の問題じゃないんだわ、多分。1台に2人付けて、ひとりが計算している間にもうひとりが商品を揃える、大体イベントの物販ってそんな感じなんだけど、ひとりで全部は大変だわ。お疲れ様でした。
天気がよくて暑かったけど海がキレイだったし、待っている間もついった眺めてまあまあ楽しかったです。
岡部さんの1時間半遅刻をヨコオさんが暴露したり(笑)。

とても楽しくて貴重な時間でした。
またこういう機会があればいいな…とりあえず円盤待ってます。その前にニコ生でタイムシフトしよ。

| 雑記 | 16:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT