Seagirt Garden

趣味と日常のなんやかんや

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三国恋戦記・孟徳エンド

面倒臭いよ!面倒臭い人だよ、確かに!
でもそれ以上にルートが面倒臭い!どんだけ分岐に罠張ってあんの…!!?
悉く突っ込んで行ってワーイ!ってなりました!


以下、畳んだり畳まなかったり。


面倒臭かったけど楽しかったです。
孤高の王、大好きです(笑)。

とても怖い人、怖くて冷たい人。それは多分、本当。
そうならざるを得なかったというか、もうどれが本当の自分なのか判ってないんじゃないのかな。
花の前で見せる無邪気な笑顔が、一番根っこの部分にある孟徳なんだろうと思うけど。

花を帰さないために本を焼く下りは(刺客の放火だった訳ですが)大変好みでございました。
狂気と紙一重の愛情って超萌ゆる!
…まあ、自分の身に降りかかってきたら大迷惑ですが(笑)シチュエーションとしてはたまらない。
いっそ本当に孟徳の仕業だったら良かったのにと思ったくらいです。腐ってますね、脳味噌が。

敗走の折に玄徳軍と交戦するのも凝っていましたよね。
つーか、あのスチル反則じゃね!?
孟徳の表情が悪人すぎて、どっちが花を守っているのか判らないよ!?(笑)


今まで攻略したのは玄徳軍と仲謀軍のキャラで、どちらも敵対しつつも協力して孟徳軍に対抗という立場だったので、今回孟徳軍に身を置いて世界が一気に開けたという感じです。
孟徳サイドはどう考えてどう動いていたのかが判って楽しかった。
視点が変わると価値観が変わる。あれほど孟徳軍をどう退けるか考えていたのに全く逆の事を考えている。
勧善懲悪が成立しないから歴史は面白いんですよね。…と乙女ゲーでそんな事を…

他には少しシナリオが冗長かなあ…というか、花の思考が堂々巡りで長く感じたのがちょっと。
世界情勢から離れて恋愛メインになってしまうので(孟徳の暗殺とか帝位問題とかはあったけど)、もう少し周りの状況と絡めて欲しかったです。


でもすっごく好きです!
好きなんだけど公瑾は超えなかったー!!(笑)

| ゲーム感想 | 23:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT