Seagirt Garden

趣味と日常のなんやかんや

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三国恋戦記・子龍エンド

ここも予想外にラブコメだった…!
仲謀ルートのように明るい雰囲気ではないのですが。
状況を見守ったりからかったり、そっと後押ししたりする周囲の大人たちの反応も面白いですね。

楽しかったけど萌えには至らなかったなー、という感想。
っていうか、師匠の人の悪さが炸裂していて、そちらの方が気になる…(笑)


以下、閉じて語るは師匠の話。


他キャラルートでの師匠について考えてみました。
あれだけの想いを抱えたまま、花が他の男を選んだのではいたたまれない、と(笑)。

で、気付いたんですよね。過去に行った時。
孔明(とノーマル)以外では今のところ亮くんのお父さんは殺されないし、花も亮くんと深く関わる事もない。
花が亮くんを弟子と呼ぶ事も、亮くんに道を示す事も、それが亮くんの光になる事もない。
亮くんにとっては花は通りすがりの恩人で、初恋に至るほど心を動かされた訳でもない。
再会した時も恩を返すくらいの感覚だったんじゃないかと。

やっと会えた、みたいな事は言うけどね、それは分岐前だからだよね(笑)。
て事は、他ルートでは師匠にとっての花が「とても大切な人」として成立する事はありませんよね?

………何だかニワトリタマゴだな、これ…

あの人本当にのらりくらりとかわすので本心は判らないけど、恋愛感情は一切ないと、思いたいんです!
他の人との恋を応援するような言動も、弟子として可愛がっているからだと、思いたいんです!

でなければ心底いたたまれないもの…!
もう他の人でクリアなんて出来なくなっちゃうんだもの…!!
とか言う割には子龍攻略中にうっかり公瑾ルートに迷い込んで、そのままエンディングまで行っちゃったりしてるけど、それはそれだもの…!!


何かねえ、じわっじわ後から来るんですよね、師匠のシナリオ。
あたしゃ、夢にまで見たよ…どうしてくれんだ。

| ゲーム感想 | 23:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT