Seagirt Garden

趣味と日常のなんやかんや

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水の旋律 4

手塚さんのグッドエンドです。
とうとう九艘ルートの攻略を放棄しましたよ…
でも緋の記憶に引き継げる手塚さんのデータはグッドエンドなので、まあいいかとも思っています。

手塚さん、いいですね!大人大人!優しい優しい!そしてとても頑張ってくれる。
このルートだと一謡サイドが片瀬さんくらいしか関わってこないので、色々と教えてくれるのは桐原兄弟という事になるのですが、如何せん秘密主義の九艘(笑)故に置かれている状況が不明瞭なまま話が進みます。

その不安がまた良いのですが。
一謡でも九艘でもない手塚さんが一生懸命陽菜を支えようとするのがイイ。


既にネタバレであれこれ知っているので、一応手塚さんの正体(?)も知っていたりします。
物凄い反則技だよね、それ…
でも、陽菜が一謡の誰かと結婚すれば…という期待にも繋がる。誰かって言うか加々良さ(黙れ)


トゥルーエンドも見てみたい……けど多分桐原兄弟は無理…(笑)特に兄の過去は重すぎて突っ込めないよ。
そして緋の記憶が届いてしまったので、そちらをプレイしようと思います!


以下、総評的な何か。


■シナリオ
加々良さんと明月さんの金太郎飴は残念だけど、個人的には好きな方向のお話です。
和風で伝奇モノ。超好きですよ…!

ただ、キーシナリオとフリーシナリオが所々噛み合ってなかったのは残念でした。
一日の始まりのイベントも繰り返しが多くて…攻略キャラで変わってくるようなので、私自身が選択の幅を狭めていたのかもしれないけど。

■スチル
立ち絵も含めて返す返すも残念すぎる…!
拓哉先輩の斜め横顔と憲吾くんの正面はかなり頂けない…特に拓哉、メインヒーローじゃないのか??
スチルも結構トラウマになりそうです(笑)。グレイッシュな淡い色彩が好みなだけに勿体無い。
ジャケ絵や特典のイラストはそんな事ないので、作画した人の問題なのかなあ…?

■音楽
好きです。
OP、EDも凄く好き。
一番は陽菜ちゃんが携帯の着メロに使ってる曲かな。

■キャラ
・白石陽菜
可愛い主人公バンザイ…!名前変更不可なので、皆が呼んでくれるのが嬉しいです。
逃げずに前へ進もうとする姿勢に好感。まあ逃げるとバッドエンドなんだけど(笑)。
以外に強気で芯がしっかりしているところも好きです。
割血の話が出てきた時点で相手が誰だったのかは容易に判ります。兄だったらビックリするがな!

・桐原拓哉
多分、攻略すると印象が変わるんだろうけど…
『初めから主人公に片思いの幼馴染』はあまり適用されませんが(好意があるのは判るけど、あからさまには出てこないから)、元凶である事がルートに入らなくても序盤で判ってしまうので接触しづらかった…!
甘いもの好きでコソコソ買いに行く、というのは可愛いと思いました。

・桐原貴人
せんせいこわい…!
ルートに入ると甘くなるようなのですが、そこに辿り着けない。何故なら打たれ弱いから。
片瀬ルートでは完全に悪役でした。

・加々良愁一
え、語っていいんですか…?(笑)
もっと陽菜を利用する気満々で悪意を持って近付いて欲しかったのですが、根がいい人なのでそうはならず。
ちょっと拍子抜けしたのも事実ですが、逆に陽菜が知りたい事をちゃんと教えてくれる、隠していた事はあったけど嘘は吐かないという点で凄く信用できる人でした。だから一謡ルートに入ってしまう(笑)。
言動に屈託の無いところが王子様。
でもちゃんと一族の長になる責任と覚悟はあって、真っ直ぐな人だと思います。父と子の会話最高。
手を繋ぐという行為がキーになっていて、それが凄く好きでした。
そして問答無用で「その日が来たら一緒に死にたい」を選択。多分加々良さんは許してくれないだろうけど。

・明月圭
こうして振り返ってみると影が薄く…(え)
冷静沈着で淡々としているからでしょうか。恋愛は中々情熱的なんですが(笑)。
ラスト、尚和高校に編入してくるのは…どうかなあ…

・片瀬哲生
期待通りの人だった。陽菜とのやりとりも面白かったです。

・手塚京輔
トゥルーエンドならストーリーの核心に触れるんでしょうね。
普通の人が好きな子のために一生懸命頑張ろうとするのが素敵。

・新野憲吾
『初めから主人公に片思いの幼馴染』は本当にダメなの…!ゴメン…!!
っていうか、自ルート以外で全開なのがダメ。後からずっと好きだったと判る…なら別に問題ないのに。
トゥルーエンドは凄くいいとネタバレで知ってはいるんですが。


PS2版の発売から5年。やっとここまで攻略しました(笑)。
そして変わらず加々良さんが好きすぎでした。一直線でした。他がよく見えてませんでした。
気持ち悪い上に残念な人でスミマセンでした。誰って私が。

| ゲーム感想 | 23:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT