Seagirt Garden

趣味と日常のなんやかんや

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

緋色の欠片 3

不思議文章にもそろそろ慣れてくる頃かと思っていただろそんな事全然ないんだぜ!
読めば読むほど謎な文章ですよ…『!』も気になりますが、句読点の入り方が妙すぎる…


まあ、それはいいんです。
最初にクリアしちゃった場合、他のキャラが攻略出来なくなる可能性を危惧して保留にしていた拓磨です。
そうは言っても、そんなに好みじゃないだろうとタカを括っていたんですけどね…あれ?おかしいな…

べ、別にSUGITAの声がえろいからとか、そんなんじゃないんだからねっっっ!!!

えーと、鬼崎拓磨ハッピーエンド。
と、後日談とあの空の下でと全部でみっつ。

悲恋はまだ見てないよ…


あーハイハイ!すみません、こんなん大好きです!
拓磨のキャラも好きだけど、完全にシナリオ萌えだコレ。

中盤までは真弘先輩のシナリオとほぼ同じかあ…って事は、二人ずつセットなのかな。
当然細かいところは違うので、真弘先輩の時に感じた全然前に進んでない感はありませんでしたが。それはもしかしたら既読スキップの効果かもしれないけど(笑)。

完全にルートに入ってからは怒涛のジェットコースター展開です。
引き離されたり、二人で逃げ出したり、先輩たちが味方してくれたり、でもやっぱり捕らえられたり、また引き離されたり、お互いのために犠牲になろうとしたり、流石に内容が濃い…!
そのどれもがいちいちツボに入っちゃって参ったよ。
ただ一緒にいたいだけなのにね、どうして上手くいかないんだろう…とか本気で考え込んだ(笑)。

二人のお話が濃い分、ロゴスが中途半端で残念だったかな。
ツヴァイとドライはあっさり帰国でその後は語られず。まあそこ突っ込んでたら、話が広がりすぎて処理しきれないんだと思いますが。フィーアも知らない間に行方不明って事になっちゃってるし。
でもアリアはもっと絡んできて欲しかった!あの子本当に可愛いから…!

おばあちゃんと芦屋さんは完全に悪役でした。
二人も世界のために動いていたんだけどね、正しい事だから納得出来る訳じゃないんだよね。

そしてここにもFFのラスボスが出てきた(笑)。
でもドライほどうんざりしなかったのは、アイン自身が誠実だったからだと思います。
悲しい人でした。

拓磨はね、ぶっきらぼうな中に時折見せる優しさがたまんないです(笑)。


■後日談
どうしよう!すっげえや…!凄すぎる…杉田さんが凄すぎる…!(笑)
最初から最後まで腹抱えて笑いっぱなしでした。

てゆかさ、放課後の教室で何するつもりだったんだろうね。
シチュエーションばっちりじゃない全然!場所選ぼう、場所!!


■あの空の下で(鬼崎拓磨の章)
中途半端だったアリアの消息が判って一安心。
でもフィーアが行方不明になった理由は判らないまま。アリアからフィーアを奪っちゃダメだよ。

拓磨と珠紀、二人を見守る守護者たちの視線が温かくてほっとします。
真弘先輩、本当にいい人だ…
ここで初めて出会った狗谷氏が、どう頑張っても知盛にしか見えないのはともかく。

あれだけの出来事を乗り越えたのに、何だかたどたどしい二人が愛しいです。

あと拓磨はそんな雑誌から今すぐ卒業するように!!
何だそれは!ポパイか!?ホットドックプレスか!?何、チョイスが古い??
じゃあレオンか!(それはチョイ悪オヤジ)

| ゲーム感想 | 22:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT