Seagirt Garden

趣味と日常のなんやかんや

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ファイナルファンタジー零式・5

ボス戦マジヤバかった。永遠にクリアできないんじゃないかと思った。
これならまだバルトアンデルス(@XIII)の方が楽勝だったわ。

…と、今初めて攻略サイト覗いてみたけど…え、そうなの!?そういう方向もアリなの…!?∑( ̄口 ̄;)


■第一次ジュデッカ会戦


まずはビッグブリッジ突入作戦に向かうメンバーを3人選抜。
ケイト、クイーン、シンクの女子チームを結成、今回の蒼龍戦はこの3人抜きの10人になります。

………が。

ビッグブリッジがどんな戦いになるかは判らないけど、蒼龍戦にはケイトが必要です。
てか、飛び道具が武器のエース、キング、トレイ、ケイトの4人は必須かと。ボス戦がどうにもならずに、一度作戦中止してメンバー選び直したからね…

操作キャラにエース、NPCはデュースとエイトでスタートです。


初めに飛空艇の連射砲(?)を使って対ドラゴンシューティング。比較的楽勝。
五聖龍もガンガン打ち続けているだけでオッケーでした。

不時着した先の敵も強力そうではあるんだけど、余裕のタコ殴りで問題なし!
だってエースのレベル34だからね(笑)。エイトはそこまで高くないけど、デュースはエースより上で35だよ。
北の回廊で遊びすぎた…

そんな調子でぐりぐり進んで、最初の挫折はヒリュウ、サンザシ戦。ヒリュウを狙っても攻撃はできるけど、ヒリュウに乗っているサンザシを倒しての勝利です。

このサンザシにロックオンするのがなかなか難しくてだな…何人死んだかな…

前述の飛び道具4人組がまるっと残らないと、後のボス戦での勝利はまず無理です。ここは何が何でも無傷で切り抜けなければなりません。しかしヒリュウもヒリュウなだけに上空を飛行しており、ある程度の攻撃を加えて引き摺り下ろさねばサンザシに攻撃が当たらないのです。飛び道具組を温存して、その他のキャラでクリアするというのは難しいのではないかと…

超頑張って超死にまくって、何とかスターティングメンバーでクリアしました。
サンザシになかなか止めが刺させなくて参っただよ。

その先は蒼龍人がキモイけどバトルは楽勝。
何だろう…蒼龍人って何なの…?

体験版のエリアを切り抜けると、シンリュウ・ホシヒメ戦へ。


ハイ、大問題のシンリュウ・ホシヒメ戦です。

通常攻撃はひたすら回避で何とかなりますが、たまに繰り出してくる即死攻撃に当たるとアウトです。
まあ、だから即死攻撃なんだけど。
作戦中止を繰り返してレベルを上げようかとも考えたんだけど、レベルの問題ではないと気付いてうあーってなりました。HPがどんなに高くても敵の攻撃自体が0でなければ100しかない、三振かホームランかの二択状態なので、ダメな時はダメなのです。
強いて言えばこちらの攻撃力が高い方が楽かな、くらいで。

円形のフィールドで視界が悪く、変なところに入り込むとそれだけで回避不可能。シンリュウ・ホシヒメはフィールドの周辺をぐるぐる飛行していますが、離れている時は赤く光る目が見えるだけ、見失う見失う。
即死攻撃の直前にブレイクサイト状態になるので、そこを狙って地味に攻撃するしかありません(失敗すると確実に死にますが)。ブレイクサイト時に攻撃を当てないと地上に降りてこないので、飛び道具キャラでないとどうにもならないという訳なのです。
魔法は無理です。詠唱している時間はないですキッパリ。

そして何故かボス戦になると魔導院の支援が期待できなくなるというミステリィ。
そんなザコ敵の時に入れ替わり立ち替わり来てくれなくてもいいので、是非ボス戦に参加して下さい。3人揃わないと三位一体が繰り出せないじゃないのよ…!(朱雀もダメなんだっけ?)

エース→キング→トレイ→ケイトで倒しました。
4人でやっとの敵が、ケイトがいなかった最初の編成でどうにかなるはずもなく。
キングは銃弾を装填する時間が無駄になるので意外に使いづらい。逆に普段あまり操作キャラに選んでいなかったトレイが大活躍でした。




そんなこんなで何時間もかけて(バカですか)やっと倒したシンリュウ・ホシヒメ。
先ほど覗いた攻略サイトで見た衝撃の事実に∑( ̄口 ̄;)ってなったよね。

全滅するとバハムートが召喚できるんだって…!!

知らなかったよ知らなかったよ!!
飛び道具4人が死亡した時点でリロードしていたんだもん!知らなかったよ…!!



さて、これでビッグブリッジ突入作戦にも飛び道具が必要だった場合、私はどうしたらいいんでしょうかね。

| ゲーム感想 | 22:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT