Seagirt Garden

趣味と日常のなんやかんや

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アボカド

『舞台ヨルハ1.3a』観劇しました。初日マチネと東京千秋楽。

今まで女性キャストのみで演じられてきた舞台を男性キャストに置き換えた、if…???
『a』はアボカドのaでいいそうです…(パンフより)

分かってはいたけどひどい話ですね。以下畳みます。


初日は何となくドタバタしてる感と、舞台上を含めた空間に隙間が多く感じて、正直そこまで感情移入できませんでした。あと、どうしても音楽劇との違いを探してしまって気が散った(笑)。
空間の隙間…何となく閑散として見えたんですよね。何か足りない…セット足がりない…?みたいな。
音響もシアター1010ほど良くなくて、ヴァイオリンが音割れしちゃってもったいなかった…これは座席位置の関係かもしれないけど(とは言ってもほぼ中央)。

が。

千秋楽ではその隙間がみっしりと埋まっていて空間の密度が濃密になっていた。舞台って本当に生き物なんだな、と思った瞬間。
そして多分、こちらも一旦音楽劇との違いを理解して脳内で処理したので、その分物語に集中できたのだと思う。

音楽劇との差異を挙げると、
・マーガレットがいない。疑似記憶の設定がなくなったためかな?
・アコールがいる。アコール…良くわからないアコール…
・オペレーターがひとり。理由はおそらく…
・赤い少年もひとり。こちらは映像の演出があったからかも。
・リリィと絆を結ぶのが二十一号ではなく十六号。
・死後操られるのは十六号とダリア。
・アネモネが死亡する。
・デイジーとリリィが生き残る。
……その他諸々。

四号がやや狂気を含んだ感じ。四号ちゃんは自分たちの立場を俯瞰で見ているというか達観しているところがありながら、茶目っ気たっぷりキュートでヨルハのムードメーカーだったけど、四号くんは少年ヨルハ六号の要素が入っているように感じた。
司令官とワカバの立場が音楽劇と逆になっている。ラストでクリーニングされる(本人の意思ではあるけど)のは司令官。泣き叫ぶワカバが辛かった。ワカバ推しです。
汚染された二十一号を殺すアネモネが恐怖に駆られて引き金を引いたように見えた。このシーンは音楽劇なみおさんの演技が神懸っていてあの印象が強すぎるんだけど、上手く違いを出してきたなーと上から目線(笑)。二号を初めとする生き残ったヨルハの幻影を見ながら死んでいった二十一号。あ、ダメだ。思い出しただけで泣けてきた…
音楽劇と少年の時、よーすぴさんが音楽劇(の元となった舞台ヨルハ)はヨコオさんが荒れていた時代(笑)に書いたから大体死ぬけど、少年は最近だから思ったより生き残る、って言っていたけど、今回の舞台も思ったより生き残ったなって…いや、アネモネは死んでしまったけど、デイジーとリリィは脱出に成功するし、『絶望ヲ、砕ケ』のキャッチコピーはなるほどかもしれない。

ラストの二号の大殺陣、力強くも可憐に舞うようだった由依ちゃんに対して、さすがに力で捻じ伏せるような二号くん。A2の挑発モーションも入っていたのは熱かった…!あれ、提案したのは由依ちゃんなんだよね。
うつむきがちでオドオドしていた二号がA2に覚醒して行く。この物語の先にオートマタはないと思うんだけど、それでも確かにヨルハの物語なんだと思いました。

ええ、リリィを蘇生される辺りから大体泣いてましたね…あのシーン、ダリアの表情で号泣できるから見て(笑)。

オートマタの時間軸ではアコールは夜の国に行っているという事なので、今回の1.3aは完全に独立した、ゲーム本編とは切り離された話なんだろうと思うのです。もし、真珠湾降下作戦に参加した機体が男性型だったらこうなっていただろう、という『if』。

……あ、そうだ…最後に二号の生存を知った司令官(クリーニング済)が、地上のブラック教官に連絡してE型を派遣するようにって言うんだよね…E型って……???少年の二号くん…???この真珠湾降下作戦の成功を受けて新型のヨルハ機体が製造されるという話なので2Bちゃんではないと思うんだ…

初日マチネ、千秋楽ともにトリプルカーテンコールになりました。
ひとりずつ自己紹介となった時、よろよろで座り込んだ二号が「適当にやって」って言ったの、面白かった(笑)。
ゴーグルが外せなくて二号にお願いする二十一号、可愛い。
カーテンコールは全体的に『ちょっと男子~~~~~!真面目にやってよ~~~~~!』でしたね(笑)。

初日、とりあえずパンフと複製台本だけ…と思っていたのが、終わってみればブロマイドとフォトブックまで買っていたのは致し方なしですね!あんな濃密な舞台を見せられたらそりゃそうなる…
ニコ生いつ観ようかなー!音楽劇もまた観たいー!円盤はいつですかーーーーーーーー!!!!!

| 雑記 | 19:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT