Seagirt Garden

趣味と日常のなんやかんや

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

NieR:Automata

その世界観とヒロインのお声が石川由依ちゃんという事実にくらくらしていたけど、PS4持ってないし…と見送るつもりでいた。
……いたんだ…
貯まりに貯まっていたヨドバシのポイントぶっ込んだらFF15のソフトも入れて4万位で買えたんだ…買っちゃったんだ…

結論、これだけ楽しめたら実質タダ。

Eエンドクリア、サブクエ達成率90%↑、9S2B激ハマリ中以下ネタバレ。


異星人の侵攻を受け生き残った人類が月に退避した後の地球、機械生命体を殲滅するため人類に忠誠を誓い戦うアンドロイドたち。
打ち捨てられた高層ビル群、砂漠に埋もれたマンモス団地、機械生命体がパレードを繰り返す廃墟の遊園地…美しい風景と美しい音楽、けれどそこに立つ人型は命を持たない機械の自動人形。
これだけ要素を並べられてゾクゾクしない訳がないんですよ。もう字面だけでヤバイ。

凛とした雰囲気を纏うヒロインの2Bはヨルハ部隊の汎戦闘型。そっけない口調で必要以上に喋らず、事あるごとにヨルハ部隊は感情を持つことは禁止されていると言う。
共に行動する9Sは主に現地での潜入捜査を担当する少年の姿をしたスキャナーモデル。好奇心旺盛で天真爛漫、人懐っこく2Bに対しても好意全開で自分を愛称で呼んで欲しいとねだる。

いわゆるおねショタだと思うじゃないですか…とんでもねぇよ…

2Bの本当の登録名はヨルハ二号E型。裏切り者やヨルハ計画に不都合な者を処刑する機体。そして好奇心旺盛という性格設定ゆえにヨルハ計画の真実に近付いてしまう9Sは、その度に2Bの手で殺されていた。何度も何度も、自我データを初期化されては復活するけれど、それ以前の記憶がないのならその前の9Sは死んだと同義。
これね、2Bの方は初期化されないの。ただ記憶を積み重ねていくだけ。9Sを殺したという事実だけが彼女の中に残る。それなのに9Sは毎回無垢な笑顔で2Bに挨拶する。初めまして、あなたのサポートを命じられました。あなたのメンテナンスを担当することになりました。2Bさん。
そして2Bは否定する。私の名前に『さん』はいらない、敬称はいらない。繰り返し繰り返し同じやり取りを繰り返し。

つらい。

だから最期、死の間際に彼女はほっとしたんだと思う。これでもう9Sを殺さなくてすむ、と。だから初めて彼を愛称で呼んだ。

これ以降の9Sの言動については一部否定的な意見があるらしいけれど(積極的に見ていないから知らない)、9SにはA2が2Bを殺したようにしか見えなかったし、しばらくふたりの接点がないのでA2が弁明する機会もなかった。更にやっと対面した時には9Sの精神状態は崩壊寸前まで追い詰められていた。あの状況で「2Bは優しい人になって欲しいと言っていた」と言われても火に油を注ぐだけ、もう素直に聞き入れることはできなかったのでは。
単独での潜入捜査、ロールアウトした時からひとりぼっち。初めて行動を共にすることになった2Bに憧れて惹かれて、だから2Bの真の目的に気付いても9Sは知らぬふりをした。もしかしたらその時が来たら反撃するつもりでいたのかもしれないけど、それまでは一緒にいたいと願ったんじゃないだろうか。
それがまさか、目の前で失うことになるとは。

ABルートでは寄り添う9S2Bの眩しさに中てられて死ぬし、Cルートは9Sの心に寄り添いすぎて死ぬ。結果死ぬ。
無理つらいしんどい。ついでに語彙力も死ぬ。

Dエンドは本当に久しぶりに声を上げて泣きましたよ。こんな結末認めたくない。
…と思ったところへEエンドが待っているわけですが。
あの作り方もズルイというか、あの流れではデータ消去してしまうよ。沢山誰かに助けられた、それなら私も見知らぬ誰かを助けたいと思ってしまうよ…

で、2回目をプレイしたんですが、つまりデータの削除は見かけ上の問題で『データ削除した上でのニューゲーム』という扱いにはなるんですね。

2Bと9Sはお互いがお互いの孤独を埋め合わせるように寄り添って、けれどどうしても埋め合わせられない。それはふたりが個であるから。人間と同じ。
この距離感とキャラクター設定が絶妙で、ふたりの間に他者が入り込む隙間が1ミリもないのどうなってんだ。
私も大概固定カプ脳だけど、まあこういう可能性もあるよね気付かないふりするけどね、というのはどの作品でもあるし、乙女ゲージャンルが長かったのでそんな可能性ばかりに囲まれて来たけれど、9S2Bは…もう本当にふたりが強烈すぎて。

どうか、どうか幸せになって欲しいと、泣きながら願うのです。

あとこのゲーム、命とは心とは、とめちゃくちゃ考えた…思考するAIに命はないのか心の在処とはどこか。結局ヨルハ機体はAIではなかったのだけど、自我をもつ機械の魂とは……ほら、哲学になってくる…(笑)
まあ人間の脳だってつまるところ電気信号のやり取りで成立しているのだしね、という結論でよろしいでしょうか…

| ゲーム感想 | 12:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT