Seagirt Garden

趣味と日常のなんやかんや

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

進撃の巨人90話

飲み込むのに時間がかかるんだよ…


フロックの言うことは正論だとは思う。ミカサの事情を何も知らないくせに、と言いたいところだけど、それは別にフロックに限ったことではない。誰もが誰もの事情を知っている訳ではない。ただ、凄く意地の悪い言い方だった。あの瞬間のフロックには悪意しかなかった。
…ので、フロックをぶっ飛ばしたい。

何だかレポート口調だ(笑)。

「諦めた」と指摘されて傷つくミカサちゃんが悲しいじゃないか。エレンを失ったと思った時、もう諦めないと誓って立ち上がったミカサちゃんに向かって何言ってくれてんだ。
アルミンを攻撃しなかったことは評価したいけどね。というか、マルロに生きて欲しかった…マルロだったらどう判断したか見たかった。あー…フロックの代わりにという話じゃなくて、マルロにも生きてという話なんだが。
フロックは知性巨人になるということがどういうことなのか知らない…のかな。寿命の話ってあの地下牢でしたのが最初なんだろうか。兵長たちも知らない?それを知っていてエルヴィンが生きていた方が良かったと言えるかなんだけど、でもフロックはエルヴィンを地獄に落とすために生かしたいと言ったからな。フロックの言葉は死んでいった多くの兵士たちの代弁なんだろう。けど、地獄を見せるために生かすと言ったその口で、調査兵団にはエルヴィンが必要だと説くのか…と思うと不信感は募る一方。

そしてまさかの海だよ…

多くの読者が最終回のシーンとして思い描いていた海ではしゃぐ104期だよ…

ある意味ここが最終回なのか。この先はただの地獄なのか。
貝殻を拾って目を輝かせるアルミンと、波に怯えて、怯えた自分に笑顔を見せるミカサと、遠くを見つめたまま全員殺せば自由になれるのかと問うエレンと。
アルミンの海への憧れは純粋に知的好奇心だったのだろうけど、エレンはそれが『海』ではなくても良かったんだ。抑圧された世界からの自由の象徴として『海』と言っていただけで、炎の水でも砂の雪原でもただ開放されるなら何でも良かった。
このズレが瑣末なようで、後々大きく綻びてくる可能性を考えてお腹を壊す。

それにしても髪が長くなったエレンはグリシャに似てきたようでぎょっとする。顔のつくりは変わらずカルラさんのものだけど、まとう雰囲気がグリシャに近くなってきた。口調もグリシャなのかクルーガーなのか妙に落ち着いてしまったし。
エレンのアイデンティティーはどこへ…?

トロスト区攻防から1年…やっぱり時間経過が謎なんだけど。
ウォール・マリア奪還前夜にコニーが繰り返し「あれからまだ3ヶ月」と言っていたのが未だに引っかかっている。エレンも戸惑っていたし時空が歪んでる??
ヒストリアの戴冠から牧場でエレンとヒストリアが会話するまで2ヶ月空いているんだよ?時間の密度に違和感を感じるんだ。
大体トロスト区のアレ、ウォール・ローゼ突破からエレンが扉を塞ぐまで、わずか1日の出来事だからなあ…

壁の秘密を話す権利は今はヒストリアにあるけれど、始祖の巨人をエレンが持っている以上、秘密を知るのはエレンということになるのか。
ヒストリアの手に触れてエレンは何を思い出したのか。グリシャは最初から始祖の巨人を奪うつもりでレイス家に向かった訳ではなかった。巨人の侵攻を止めてエルディア人を助けてくれと言ったのに、何らかの理由でフリーダがそれを断った。だから一族を皆殺しにして始祖の巨人を手に入れた。その理由が何だったのか。

…を、知ってしまったよね、エレン。知ってしまったからこその表情だよね…

…地獄だ…

| 進撃の巨人 | 14:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT