Seagirt Garden

趣味と日常のなんやかんや

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

実写版進撃の巨人(前編)

ぷらいべったーに投稿した内容のコピペです。


可もなく不可もなく、ではなく、可も不可もあった上で★みっつ。かな。

序盤の巨人襲撃は多分これがリアル。
狭い町の中で逃げまどう、特にエレンが避難した小屋(?)が襲われて、逃げ場を失った人々がなすすべもなく喰われていく様は本当に怖かったです。
グロいとは聞いていたけどそうでもなかった…ハードルを上げすぎたか(笑)。

この時エレンが助けてくれなかったと、ミカサが恨んでいるような描写があるんだけど、そうなのかな…? でもはぐれてしまったのは不可抗力だし…じっと動くこともできなかったのはミカサだし…あ、この時点でのミカサは『覚醒前』の普通の女の子なのか…

エレンは感情の流れが追いにくくて、その点イマイチでした。
お、おう…そうか…と思う事が何度か(笑)。
あと大変申し訳ないんだけど、アルミンとの見分けが…つかな…かったのは私の視力せい。

そして敵か味方かカウボーイ、シキシマ隊長。
ヤバイわ、この人。気になって夜も眠れないわ。
そりゃ、このキャラクターにリヴァイの名を与えたら暴動が起きるレベルだわ(笑)。

ミカサとの関係はNTRでも許容範囲ですが(範囲なのか)、違うように見えるんだけど、どうなんだろう。
シキシマの態度がわざとらしすぎるんですよね。
シキシマがエレンの名を知っていたのは、ミカサから聞いていたからだとして、それ以外にエレンの何かを知っていて覚醒させるために煽っているようにも見えます。

シキシマとミカサの関係って、どちらかといえばエルヴィンとリヴァイの関係に近い気がする。
あ、BLの話はしていませんよ?(笑)

姉妹艦…でしたっけ…敷島と三笠。

エレンとヒアナの問題のシーンも是非を問われれば否ですけど(お色気必要?的な意味で)許容範囲です。
ミカサ受けには寛容だけどエレンのCPはミカサ固定でなければ暴れる過激派のこの私が。原作とは別だと思えばスルースルー。
直後の巨人の目で何もかも吹き飛びました。ここ怖かった!

他のキャラではハンジさんがとてもハンジさんで好きです。巨人エレンに近付いてきて、アチアチ言ってるとこ、とても好きです。
クバルの存在感も凄いし、この人も敵か味方かカウボーイ。

立体機動が特撮であることには若干不安を感じていましたが、思っていたより疾走感がありました。
PVで観たよりずっといい。
巨人エレンもカッコよかったな。ただ爆誕シーンの戦隊モノみたいな音楽は何だったんだ…その後元の雰囲気に戻ったので、あそこだけが異質。

他には場面転換の悪さが気になりました。
酔っぱらいソウダに再会した場所、エレンとアルミン、サシャとヒアナが食事をしていた場所、シキシマがエレンを連れて行った場所等々、切り替わる時に遠景のカットが入らないのでどこにいるのかがさっぱり。
全体的に薄暗くて同じようなトーンの画面が続くので、ずっと地下都市かと思いましたよ(笑)。

ソウダと言えば、巨人エレンからエレンを引き出す時に「早くしないと細胞が融合してしまう」みたいな事を言ったのは何故?

そしてミカサはエレンの巨人化を知っていた?それとも巨人を見てエレンだと気付いたのかな。
いずれにせよ、エレンを見ては辛そうに顔を歪ませるミカサがとっても萌ゆいと思いました。
エレンとミカサは今でも想い合ってる、けれどミカサの方に何かしらエレンの傍にはいられない(あるいはシキシマの傍から離れられない)事情があるとみましたが、はたして。

時々挟み込まれる原作へのオマージュ、私は好きです。
あー、そう絡めてきたか!って感じでした。
EDの、アニメ2期OPみたいな演出もありがとうございました。

事前に心を鍛えまくったせいか、原作とは別の世界線と暗示をかけまくったせいか、これはこれで楽しめました。
まあ、現代東京を舞台にした方も観たかったとは思いますけど…(笑)

後編でどこまで引っくり返してくるか、楽しみにしています。

| 進撃の巨人 | 21:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT