Seagirt Garden

趣味と日常のなんやかんや

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

進撃の巨人86話

お…おう…これは…


グリシャ視点で語られるグリシャの主観入りまくりのグリシャの記憶なので、果たしてここに書かれたこと全てが真実なのかは判らないけど。
というより胡散臭い。全体的に胡散臭いんだよ…

現時点でこうなのか?という事を箇条書き。
・エルディア人にしか巨人の力は使えない。
・故に記憶操作や叫びの力もエルディア人にしか及ばない。
・マーレが手に入れた巨人の力は7つ。
獣(ジーク)超大型(ベルトルト→アルミン)鎧(ライナー)女型(アニ)???(マルセル→ユミル)???(?→グリシャ)???(???)
・壁内の巨人の力
始祖の巨人(フリーダ→グリシャ→エレン)
・エルディア復権派の人々は楽園送りになった後要所要所で巨人として登場している。
・楽園送り→無知性巨人とされ壁外(パラディ島に送られる)
・飛行船に乗っているのは金持ちの遊興ではなく楽園送りされるエルディア人?
・ダイナはカルラを食った巨人?
・クルーガーがフクロウの可能性。
・フクロウが二重スパイの可能性。

エルディア人が身に着ける腕章がゲットーのユダヤ人たちが着けていたダビデの星に重なるなあ…なんて思っていたら、マダガスカル島辺りの地図を上下左右反転させるとパラディ島付近の地図になるという考察を見て、何と言うかこう…ねえ…
上下左右反転は進撃世界の文字もそうだし、太陽が西から昇っているのではないか疑惑もある。
どういうことだってばよ…頭悪いから判んないよ、教えてアルミン。

この事実(と仮定)を知った後なら壁内に戻ってきたリヴァハンエレミカの背中があんな感じになるのも判る。
これは消化しきれない。腹壊すわ。

壁内の王が記憶を改竄し壁を強化し外との接触を絶とうとしたのも道理なんだ。間違ってはいなかった。
ではその壁内に記憶操作出来ないアッカーマン一族や東洋の一族が紛れ込んでいるのは何故だろう。島の先住民だった。単純に巻き込まれてしまった。誰か(マーレやエルディアとは違う第三の民族)の差し金で送り込まれた。…さあ、どうだ…?

というか、こうなってくると本当にミカサってジョーカーなんだなあ…アッカーマンの方はある程度情報が開示されたと思っているけど、東洋の方はほとんど判っていない。ミカサの右腕に刻まれた印とは?最初はエルディア人の印や復権派が胸に刻んでいた十字かと思ったけど、エルディア人と東洋人が繋がらない。……マーレ側の印だったらどうすんの…
やっぱりグリシャがアッカーマン夫妻と懇意にしていたのは怪しいな…

あれ?判明していない壁内の巨人のもうひとつって何だ…っけ…?
始祖の巨人以外の8つの巨人が争いだして、その内の7つがマーレの手に渡って…アレ?
エレンが王都の地下で手に入れた硬化能力は注射に『ヨロイ、ブラウン』って書いてあった。壁内に存在していた2つの巨人の力は今どちらもエレンが持っていると考えることも出来るけど、ロッド・レイスや兵長が持っていた注射はそれ単独では知性巨人にはなれないものだった。最初から知性巨人になる注射(とは限らないけど)は別にあるのでは・・・?
ああ、グリシャの巨人…!でもあれは壁外から持ち込まれたものだから違うわ。

エレンの叫びの力のトリガーはミカサではないのかと散々言っているけど、東洋人の血に意味があるのかもしれないな。アッカーマンの血でミカサはエレンを守ろうし、始祖の巨人は東洋人を守ろうとしているとか。何それ萌ゆい。

つらつら書いてみたけどダメだ。全然ダメ。纏まる気配ナシ。
ただ世界は思ったより広くて近代化も進んでいた。ジークが野球を知っているのも不思議じゃなかった。
もう進撃の巨人すげえ…とアホ面で呟くことしか出来ないんじゃないの、これ。

| 進撃の巨人 | 11:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT