Seagirt Garden

趣味と日常のなんやかんや

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

公式爆弾

公式というか原作者からのまさかの燃料投下で大混乱だった昨日のエレミカTL。
一夜明けても混乱は続くよ…私も混乱しているよ…

ネタバレ回避というより、私が残念なので畳みます。


そうかそうか。
エレンを弟扱いしたまま明確な思想も意思もなくただ着いてくるだけのミカサと、オレが助けてやったのにオレより強くなりやがって挙句事あるごとに守る守るって何なんだよと思っているエレンの間には溝があると。
エレンのプライドはずたずただろうけど、ミカサちゃんはそんな事お構いなしだしね。エレンを守る、というのも明確な意思だと思うんだけど、エレンはそうは捉えていないって事か。ヒナの刷り込みのように着いてくる事はノーカンなのか。

でもね、刷り込みはいつまでも続く訳じゃないんだよ…

エレンもお前は憲兵団へ行け発言以外には、明らかにミカサを自分から離そうとした事ないよね。
トロスト区のあれも「置いていく」なんだよ、あくまでも離れるのは自分なんだよ拒絶じゃないんだよ。

やっぱりエレンのミカサに対する感情は家族愛だけじゃないと思うんだなあ。
それもあるだろうけど、コンプレックスとか負い目とか、少しの恋愛感情とか、色々ごちゃ混ぜになって自分でもよく判っていないんじゃないだろうか。
だってエレンがミカサを『家族』だと明言した事、一度もないはずだもの。否定はしないけど肯定もしない。
巨人化して暴走したエレンに何故ミカサの声が届かなかったのかずっと考えているけど、ミカサの『家族』という言葉に対する反発だったんじゃないのかなあって。…という妄想を支部に上げたけど、これは原作で答えが欲しいところ。

助けたのは自分なのに。両親を殺されて震えていた小さな女の子だったのに。手を引かなければ歩く事も出来なかったくせに。いつの間にか自分より優秀になって強くなって遙か前を行くようになって。でもミカサを『そう』作ったのはエレン自身で。

何だ、このふたり…もう結婚しろよ。その溝抱えたまま結婚しろ…


ってか、まあね!それがドッカンと覆るのが50話だと思う訳でね!
「一緒にいてくれてありがとう」「生き方を教えてくれてありがとう」「マフラーを巻いてくれてありがとう」
そんな事を考えながらミカサはずっとエレンの傍にいたんですよ!自分を弟扱いしてあれこれ世話ばかり焼いていた女の子が!エレンに感謝ばかりを伝えてくるんですよ!ここで立ち上がらなければ男じゃないでしょ!!

初めてミカサを背に戦ったんじゃないだろうか。
そしてミカサは最期の瞬間に全てを肯定するタイプなんですね。


という訳で、その溝にみっちりと嵌ったまま私は妄想を続けるよ。いつか溝が狭くなって押しつぶされるのも、逆に溝が開いてさらに深みに落ちていくのも、いずれにせよ本望でございます。いい笑顔で安らかに眠ります。


諌山さんの「死を賛美したくない」って言葉が重い進撃の里帰りでした。

| 進撃の巨人 | 22:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT