Seagirt Garden

趣味と日常のなんやかんや

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

進撃の巨人57話

………あ、はいそうですね。伏せますね…

今回の内容とは関係のない話もしています。ミカサと兵長の。


壁博3の下絵を描いているのですが、今月号を読む事で描けなくなってしまったら大変、と下絵を仕上げてから(※背景はまだない)読んだのだけど、とりあえずエレミカにもリヴァハンにも影響のある内容じゃなくて良かったです。

来月号が出る頃には脱稿している計算だしな…!


ハンジ班がああああ!!

安泰だと思っていたのに…!進撃に安泰なんてなかった…!!


デスヨネー。

ああ、だからライナーはエレンを殺しにかかったのか。
巨人が人を食うのは、手当たり次第食っていればいつか巨人化能力を持った人間に当たるかも知れないから?巨人が人間を無視して巨人化したエレンを狙ったのもそんな理由?

104期の心が兵長から離れてしまうのが辛い。
けれど、離れても従っても犠牲は免れないのかもしれない。
ミカサは審議所の件は未だに隙あらば然るべき報いを与えようとしているけど(諌山さん談)、それ以外に関しては助けられているから兵長を信用はしているんだろうな。


エルヴィンが次期団長にハンジさんを考えていたとは意外でした。
まあ、兵長ではないと思います。ミカサもだけど兵長は駒であるべき才能なんだよね。指揮官がいて初めてその才能が生かされる。



で、関係のない話なのだけど。

兵長がミカサを『ミカサ』と認識したのって、多分巨大樹の森で女型を追っていた時だと思うんだけど、「エレンの馴染みか…そうか…」って。
あの時の兵長の表情が凄く意識に引っかかるんですよね。
『お前が審議所にいたエレンの馴染みか』という表面上の、言葉通りの意味じゃない気がしていたのです。
ミカサ・”アッカーマン”である事に思うところがあったのかな、と思ったのでした。

| 進撃の巨人 | 22:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT