Seagirt Garden

趣味と日常のなんやかんや

≫ EDIT

7/27

舞台BD記念のニコ生楽しかったー!
少年チームが全員舞台衣装で登場とは思わなかった…

とりあえずBD豪華版と少年ヨルハの小説は予約しました!わあ、出費!(笑)
そして発売前に上映会とか嬉しすぎるけど、聞けば170ちょいのハコだそうで競争率で死ぬんじゃないの?各回、と繰り返し行っていたので音楽劇、少年それぞれ最低でも2回ずつ位はやりそうだけど、無理無理の無理。が、挑戦はする。話はそれからだ。
しかし投資すればしただけリターンが期待できるコンテンツ凄いぞ…

ローズが作戦終了後にヨルハ4機に付けると言って叶わなかった名前。
二号:フリージア
四号:アマリリス
十六号:リコリス
二十一号:カトレア
役者さんが自分だったらこの花の名前を付けるという話だったけど、その場でヨコオさんの公式認定が(笑)。
おそらくローズがひとりで誰にも相談せずに考えていて、当然アネモネも知らないだろうから、もう永遠にA2にさえも届かない名前だと思ったら泣けてくる。

あ~~~~!円盤発売楽しみなんじゃ~~~~~~~~~!!

| 雑記 | 16:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

GW初日

舞台『アリスの愛はどこにある』観てきました。
…もう先週の日曜日ですけど。

劇場まで迷わず行けた!エライ!
小さい劇場は初めてだったので何だかとっても緊張しました。

自分の誕生日パーティーなのに恋人が急な仕事でドタキャンし、プレゼント(ウサギのぬいぐるみと手作りの絵本)(恋人は絵本作家)だけを友人に託したことにブチ切れたアリス。突然現れた謎の?ウサギ?に連れられて絵本の世界へ。
ギャグがキレッキレで中盤くらいまでは客席に笑いも起こっていたけど、ハートの女王の過去が判明した辺りから涙を堪えるのが大変でした。そんなつもりではなかったので手元にハンカチ用意してなくて焦ったわ。

不思議の国のアリスというモチーフが好きなのと、恋人役の方が少年ヨルハに出演されていたという理由で観に行ったのだけどとても良かったと思いました。作文?

とぅびぬいちゃんの写真を撮りまくってきました(笑)。

| 雑記 | 10:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

女児

とぅびぬい

とぅびぬいちゃんです。とぅびぬい姫です。お人形遊び楽しいです。

残念な手芸力が炸裂しまくっていますが、縫い目がどうだろうと見た目がキレイなら問題ないよねそうだよね。
手芸は好きなんです。ただ絶望的に不器用なんです。自分、不器用ですからなんです。客観的に見てもヤベェ針捌きですが、主観でも大分ヤバイ。やる気があれば何とかなるもんなんだぜ…

あと私、ミントグリーン好きなんじゃね?と思いました。

ところで、ぇずぬいくんはまだですか。
とぅびぬいちゃんのフェアウェルがハッピーエンドで終わりません。

| 雑記 | 15:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オトマタ熱冷めず

花粉の大量飛散で職場が地獄。無理。
帰宅してもほぼ横になっている状態だったので、2週間ほど前のニコ生のニーア・オートマタぶっ通し生放送を繰り返し観ては反芻しています。スマホのアプリだと画質が落ちるの何故…

音楽もグラフィックも美しいので眺めているだけでも十分楽しいけど、やっぱりもう一度自分の手でプレイしたくなる…
時々入る製作サイドの裏話も貴重です。ありがたや~!

連休になったのでくたばって停滞していたお勉強をぼちぼち。苦手なものから潰そうと思っていたけど、それだとダメだ。詰む。まずは得意分野からやっつけてしまおうそうしよう。

| 雑記 | 14:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

圧巻

音楽劇ヨルハから生還しております。
生還はしたけれど、2週間経った今でもほぼ屍ですね。脳内でノルマンディとガナルカナルがぐるんぐるんしていますね。
舞台奥と手前のスクリーンに映し出される風景、絶妙なタイミングで入る生演奏、キャラクターたちの魂の叫び。ただただ圧倒されたまま後半はほぼ泣いておりました…

ラストの二号からA2へと覚醒していく由依ちゃんの演技に震えた。
舞台経験が長いことは知っていたけれど、声優としてメディアに登場する彼女はおっとりふわんとしたイメージだったので、あんな射抜くような鋭い視線を投げられるのかと。
大殺陣と刀を振り下ろし前を見据えた瞬間に鳴り響くノルマンディのイントロ。最初から最後まで心を鷲掴みにされたままでした。

あとは二十一号とアネモネが切なかった…あの二十一号はズルイ。そりゃブロマイド買うわ…

ウイルス汚染を引き金に分裂していった少年ヨルハと、ウイルス汚染をきっかけに絆を深めていった音楽劇ヨルハ。
絶望の中での終幕と、復讐を誓い歩き出す先の物語へと続くラスト。
ふたつの作品の対比が面白いな、と思ったのでした。

以下、少年、音楽劇、ゲーム本編に関してのあれこれ。

≫ Read More

| 雑記 | 19:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT